千代田インターナショナルスクール東京の多摩地域の説明会

4月27日に同校説明会が東京都立川市にあるGSAインターナショナルスクールで開催されました。

今回の学校説明会は、インターナショナルスクールタイムズが主催し、2018年4月に東京都千代田区に開校予定の同校の教育について多摩地域で関心のあるご家庭向けに開催されました。

Head of schoolに国際バカロレア第一人者の大迫弘和氏が就任し、注目が集まる同校の多摩地域で初となる学校説明会でした。

千代田インターナショナルスクール東京は、東京都千代田区に2018年4月に開校予定の男女共学のインターナショナルスクールです。
2018年度に初等部1年生から5年生までが開校します。

インターナショナルスクールとは、何か?
その素朴が疑問から始まった説明会。

インターナショナルスクールで学ぶ意味、そして、意義についてその経験から紐解かれていきました。

「International schoolは、英語で学ぶ。英語を学ぶlanguage school(語学学校)ではない」

また、AI(人工知能)の発達を含め、社会が大きく変化するなかで、子どもたちにとって重要なのは、Literacy(教養)であり、人間しかできない部分であると大迫氏は指摘。

そこで同校では、教養を育てる手法をStrong Literacy Programとして伸ばし、ICTを活用した手法をUnderstanding by Technology (UbT)と名付け実践していきます。

教育理念からカリキュラムまで

大迫氏は、カリキュラムにおいてインターナショナルスクールとして自由に活用してくなかで、次のように述べています。

学習指導要領は、日本の宝物。

同校は、インターナショナルスクールとして自由にカリキュラムが組めると指摘。

ベストな教育を作るなかで、学習指導要領を活用していくこと。
それは、日本人にとってcomfortableであり、またインターナショナルスクールとして日本初の新しいカリキュラムを作り出していくことにCHISTの意義があると説明しました。

質疑応答では、同校の中等部、高等部の開校予定、入学試験、生徒の定員などについても活発に質問が出てきました。

また、高等部の計画を含め、参加者からは、大学進学時にどのような仕組みを構築するか、など同校の教育に強い関心が示されました。

学校説明会

同校では、学校説明会を下記の日程で開催予定です。
すでに第一回目は、満席となっています。
7月の開催予定の説明会もすでに予約が入っているため同校に関心があるご家庭は、早めに予約をしたいですね。

6月18日(日)満席
7月1日(土)10~12時
7月15日(土)10~12時
9月7日(木)10~12時

お問い合わせ

CHIST│Chiyoda International School Tokyo│千代田インターナショナルスクール東京

GSAインターナショナルスクール

今回、注目が集まる同校について多摩地域で初めてとなる同校説明会が東京都立川市にあるGSAインターナショナルスクールで開催されます。

GSAインターナショナルスクールは、2歳から6歳までが学ぶインターナショナルスクールです。
知的、創造的、個人的、社会的、身体的能力向上を通して、多彩な個人になるために生徒を育成するインターナショナルスクールです。

http://school.gsacademy.com/